会社概要

商号
山吉青果食品株式会社(やまきちせいかしょくひんかぶしきかいしゃ)
事業所
本社工場
〒960-0502 福島県伊達市箱崎字上川原41番地
TEL.024-584-2261(代) FAX.024-584-2281
桑折工場
〒969-1651 福島県伊達郡桑折町大字万正寺字宮ノ西1-1
TEL.024-582-3838(代) FAX.024-582-5343
創業
昭和50年10月1日
設立
昭和60年3月8日
資本金
2,000万円
代表者
佐藤 定好
役員構成
代表取締役会長 芳賀 勝男
代表取締役社長 佐藤 定好
専務取締役 阿部 光弘
常務取締役 阿部 直子
取締役 芳賀 牧子
取締役 佐藤 幸一
監査役 芳賀 栄子
社員数
43名
事業内容
加工食品製造販売、生鮮野菜一次加工
主要製品
皮むき里芋、味付里芋等のチルド食品・レトルト食品、含気包装調理食品、スパウト付パウチ製品、土里芋、洗里芋、洗ごぼう、切ごぼう、ささがきごぼう
売上高
6億2千万円(平成25年度)
取引銀行
福島信用金庫伊達支店、商工中金福島支店、東邦銀行福島中央市場支店、福島銀行福島北支店、みずほ銀行福島支店
主要機械設備
レトルト殺菌機、含気レトルト殺菌機、連続ボイル殺菌装置、減菌冷却遠赤乾燥機、自動計量・真空包装ライン、無菌自動充填包装ライン、海藻畑製造設備、里芋自動選別計量包装ライン、ピーリングマシン、凍結庫、大型冷凍冷蔵庫、各種試験検査機器など
関連会社
株式会社 山吉フーズ

会社沿革

昭和50年10月
現代表者が個人創業(土里芋、洗里芋等の青果物の一次加工を開始)
昭和60年 3月
事業拡大に伴い法人化(資本金500万円)
昭和61年 3月
生タイプの手むき里芋「さとまるく~ん」製造販売を開始
昭和63年10月
皮むき加工の機械化のためフィンランド製ピーリングマシン導入
平成4年12月
増資(資本金1,000万円)
平成 5年 5月
ブランチング皮むき里芋「さとまるく~ん」の製造販売開始
平成 5年10月
関連会社株式会社山吉フーズ設立(資本金1,000万円)
平成 6年12月
生産能力増強のため「さとまるく~ん」の連続生産設備を導入
平成 7年10月
「さとまるく~ん」の登録商標を取得(登録番号2710536号)
平成 8年12月
桑折工場新設、稼動開始
桑折工場で惣菜製造業の営業許可を取得
平成 9年 8月
高速自動計量含気包装レトルト殺菌設備1号ライン導入
平成10年 8月
含気包装「皮むき天津甘栗」製造開始
平成11年 9月
多種原料自動計量・真空包装ライン導入
平成12年 3月
土里芋自動選別計量包装梱包ライン導入
平成13年 5月
高速自動計量含気包装レトルト殺菌設備2号ライン導入
平成13年11月
滅菌冷却遠赤外線殺菌機(四川釜)導入
平成14年 7月
増資(資本金2,000万円)
増資(資本金2,000万円)
有機JAS農産物加工食品(むき甘栗)の製造業者の認定を取得
平成14年12月
有機JAS農産物(里芋)の製造業者の認定を取得
平成15年 5月
冷凍食品製造のために凍結庫を設置
平成15年 6月
本社工場で有機JAS農産物(土里芋、土ごぼう)の小分け業者の認定を取得
平成15年 7月
桑折工場で食品の冷凍又は冷蔵業の営業許可を取得
国産冷凍里芋の製造を開始
平成15年11月
桑折工場で有機JAS農産物加工食品(焼き栗、楽笑栗)の製造業者の認定を
取得
平成15年12月
桑折工場で品質マネジメントシステムの国際規格「ISO 9001」認証取得
平成16年 8月
桑折工場で菓子製造業の営業許可を取得
平成17年 9月
海藻畑製造設備を導入
平成18年 3月
「海藻畑」の製造販売を開始
桑折工場で清涼飲料水製造業の営業許可を取得
無菌自動充填包装ラインを設置し、スパウト付パウチ製品(OEM)の製造開始
平成18年 8月
桑折工場で環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」認証取得
平成20年 9月
物流センターを取得、倉庫業を開始
平成23年 9月
役員改選
平成26年 7月
ハラールの認証取得